【中京新馬戦】ピースワン最後に伸びた、一瞬の脚グイッ

[ 2019年1月27日 05:30 ]

直線鋭く抜け出し、中京5R新馬戦を快勝したピースワンパラディ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 中京5R新馬戦(芝1600メートル)は、中団の外で脚をためた3番人気ピースワンパラディ(牡=大竹、父ジャングルポケット)がラスト1Fでグッと伸びた。

 丸山は「返し馬で真面目過ぎると思ったが競馬ではフワフワ。外から馬が来たら反応した。一瞬の脚は速かった」。大竹師は「今後は距離を延ばしていきたい」とプランを明かした。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年1月27日のニュース