【梅ちゃん先生 特別編】27日東京8R バーナーは外枠で点火する

[ 2019年1月27日 08:00 ]

 本日の平場のイチ押しは東京8Rのアフターバーナー。前走は内寄りの枠だったせいで他馬の跳ね上げた砂をまともにかぶって嫌気を差した。大外枠なら砂をかぶらずに済む。東京コースは【2218】と最も得意なコース。マーフィーに乗り代わって外から末脚を伸ばしてくる。

 京都11R アンヴァルは外枠でも狙える

 シルクロードSはアンヴァルを推奨する。前々走・京阪杯(4着)は外枠(17番枠)を引いたせいで外を回らされるコースロス。内伸びする馬場だっただけに大きなハンデとなった。今回も外枠(16番枠)を引いたが、京阪杯時と一転して外伸びする馬場状態になっている。京阪杯で馬場のいい最内を抜け出したダノンスマッシュとの重量差は、当時の2キロから3・5キロへ広がった。逆転は可能だ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年1月27日のニュース