【ヴィクトリアM】レイアー 12秒1の末脚「筋肉衰えてない」

[ 2017年5月11日 05:30 ]

ダノンブライト(右)と併せて坂路を追い切られたスマートレイアー
Photo By 提供写真

 4年連続で参戦するスマートレイアーは坂路でラスト1F12秒1の末脚を発揮し、ダノンブライト(5歳500万)に1馬身半先着した。大久保師は「使い詰めは良くないのでパターンを変えてやってきたが、いい動き。馬もベテランだし自分で体をつくるから」と好感触。前走の京都記念は強敵を相手に2着に好走した。「気力があって、筋肉の衰えもない。(4度目の挑戦?)いい結果が欲しい」と力を込めた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース