【ヴィクトリアM】オートクレール 余力残し併入「成長感じる」

[ 2017年5月11日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>併せで追い切るオートクレール(右)
Photo By スポニチ

 オートクレールはWコースでプッシュアゲン(4歳500万)を4馬身後方から追走。3〜4角で差を詰めると、直線は外に併せ余裕を残したまま併入した。手綱を取った黛は「やり過ぎないイメージで、サラッという感じで乗った。いつも通りの動き」と笑顔。「以前はレース後に反動があったが、最近は使っても崩れなくなっている。成長を感じる」と愛馬を信じて強豪に挑む。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年5月11日のニュース