【オークス1週前追い】ソウル馬なり併入!藤沢和師は良馬場切望

[ 2017年5月11日 05:30 ]

<オークス1週前追い>3頭併せで追い切るソウルスターリング(右)
Photo By スポニチ

 桜花賞で初黒星を喫したソウルスターリングが小雨の中、Wコースで併せ馬。ラユロット(3歳500万)、シンボリバーグ(3歳500万)の2頭を追いかける形でスタート。4コーナーでスムーズに外に持ち出すと、素軽いフットワークを繰り出して馬なりのまま併入に持ち込んだ。時計は4F53秒9〜1F12秒4をマークした。

 見守った藤沢和師は「穏やかに走れている。馬場が重いので時計は速くはないが、しっかり負荷をかけられるように外を回した」と意図を説明。「来週はジョッキー(ルメール)が調教に乗りに来てくれる。自分から乗りたいと言ってくれたからね」と笑顔で伝えた。

 無傷4連勝で挑み、単勝1・4倍に支持された桜花賞でまさかの3着。師は「思い切って走れていなかった。血統から道悪は大丈夫だと思っていたが、手前を何回も替えていたし、いつものストライドを使わなかった」と、やや重の馬場を敗因に挙げ「次は良馬場でやらせたい」と好天を切望した。

 リベンジの舞台は3歳牝馬にとっては過酷な東京芝2400メートル。父フランケルはスピードを武器にマイル前後で圧倒的な強さを見せていただけに、やはり一気の距離延長が最大のポイント。「みな同じ条件だし、この距離を得意とする馬はいない。前走のダメージもなく、ここまで順調に来ている。追ってストライドが大きくなるので、広いコースも合っている」(同師)と巻き返しに向けて、静かに闘志を燃やしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2017年5月11日のニュース