【オークス1週前追い】レーヌ圧巻!3頭併せで6馬身突き放す

[ 2017年5月11日 05:30 ]

<オークス1週前追い>池添を背に、併走馬を突き放すレーヌミノル(手前)
Photo By スポニチ

 これがG1馬の貫禄だ。桜花賞馬レーヌミノル(本田)は池添を背にCWコースで3頭併せ。序盤は外メイショウミツボシ(5歳1000万)、中ダンツエンペラー(4歳500万)の2頭を目標に、5馬身後ろを追走する。3コーナー手前から鞍上が手綱を緩めるとグンと加速。直線入り口であっという間に並びかけると、内から鋭く突き抜けて相手を6馬身突き放した。

 抜け出してからも池添が、気を抜かせないよう肩ムチで鼓舞しながら6F81秒6〜1F12秒1。前日からの雨で力のいる馬場をものともしない力強い脚取り。稽古を見守った本田師も納得の表情だ。

 「レース後もテンションが上がることなく、落ち着いている。牝馬だけどカイバ食いが良く稽古を加減しなくてもいいので、中間もしっかりと調整できている。長くいい脚を使えるので距離は問題ないと思うよ」

 牝馬2冠獲りへ態勢は着々と整っている。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2017年5月11日のニュース