【ヴィクトリアM】フロンテア 軽め13秒6も“好調キープ”

[ 2017年5月11日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>北村を背に併せで追い切るフロンテアクイーン(左)
Photo By スポニチ

 フロンテアクイーンはWコースでレッドアルカナ(4歳500万)と併せ馬。2馬身追走から直線で内に併せ、馬なりのまま併入した。5F70秒4〜1F13秒6と軽めも「見ての通りサラッと回っただけ。競馬を使っている馬なので、この程度で十分。状態は変わらずいい」と国枝師。良績は1800メートル戦に集中しているが「マイル適性はあると思っているので信じたい」と力を込めた。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年5月11日のニュース