【ヴィクトリアM】リード鋭く2頭抜き去る!後方一気をイメージ

[ 2017年5月11日 05:30 ]

C・ルメール騎手を背にクリノダヴィンチ(左)と併せて坂路を追い切られたアドマイヤリード
Photo By 提供写真

 阪神牝馬S2着のアドマイヤリードは、ルメールを背に坂路で僚馬2頭の後方で折り合いに専念。残り1Fで外に持ち出すと鋭く伸びて、2頭を抜き去った。鞍上は「馬の後ろで我慢できたし、ラストの反応も良かった。レースも後ろから最後だけのイメージで」と笑顔。前走は勝ち馬ミッキークイーンと同じ上がり3F34秒0の末脚を発揮した。決め手勝負なら、引けを取らない。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース