【ヴィクトリアM】ウェポン 4F54秒5も走りにスピード感

[ 2017年5月11日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>内田を背に坂路で追い切るリーサルウェポン
Photo By スポニチ

 リーサルウェポンは内田が騎乗して坂路単走。4F54秒5と時計は控えめも、スピード感のある走りで駆け上がった。「いつもはカッとするタイプだが、今日は落ち着いていた。コンスタントに使っているが硬さがない。それがこの馬の強み」と鞍上。「府中は前半からガーッと集中して走ると、直線まで持たない。道中で遊ばせて走ることができれば」と無欲の一発を狙う。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年5月11日のニュース