【ヴィクトリアM】クリノラホール 軽快12秒9、漂う上昇気配

[ 2017年5月11日 05:30 ]

坂路を単走で追い切られたクリノラホール
Photo By 提供写真

 阪神牝馬S11着のクリノラホールは先週に続き坂路をサッと駆け上がり、4F55秒5〜1F12秒9。谷師は「しまいの反応を見たけれど、しっかり上がってきた。1回使った上積みはある」と、上昇気配が漂う。昨秋に3連勝でオープン入りした上がり馬。重賞挑戦した近2走が道悪だっただけに「前走は馬場が悪くてノメっていた。3連勝が上がりの速いタイムで勝っているし良馬場の方がいいと思う」と好天を願っていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース