【ヴィクトリアM】アンジュ 馬なり12秒7、内容に合格点

[ 2017年5月11日 05:30 ]

坂路を単走で追い切られたデンコウアンジュ
Photo By 提供写真

 福島牝馬S4着から挑むデンコウアンジュは坂路で4F54秒9〜1F12秒7(馬なり)。余力を残した形で、軽快に駆け上がった。荒川師は「レース間隔も詰まっているので、反応を見る程度。満足のいく内容」と合格点。東京マイルは、2歳時のアルテミスSでメジャーエンブレム(その後G1・2勝)を撃破した実績がある。「前走は見せ場もあったし、コース条件も合うので」と、同師は好走を祈っていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース