【ヴィクトリアM】アスカビレン 池添を背に坂路単走12秒4

[ 2017年5月11日 05:30 ]

池添を背に坂路を追い切られたアスカビレン
Photo By 提供写真

 六甲S(1着)から参戦するアスカビレンは、コンビ復活となった池添を背にして、坂路単走で4F52秒4〜1F12秒4の好時計をマーク。中尾師は「いい時計。馬場が悪くても、しまいまでしっかり動けていた」と評価する。今年に入っての2戦は、牡馬相手に勝ち負け。「精神面で落ち着きが出てきて、我慢が利くようになった。相手は強くなるけど、この馬も力をつけているから」とG1挑戦に向けて意欲を見せた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース