【ダービー】アルアイン2冠へ順調、風格増す 池江師「反応良かった」

[ 2017年5月11日 14:31 ]

<ダービー 2週前追い切り>CWコースで後ろから追走するアルアイン(左)
Photo By スポニチ

 皐月賞馬アルアイン(牡3=池江)が11日、栗東CWコースでダービー(28日、東京)の2週前追い切りを行った。水口(レースは松山)を背にシャイニングスカイ(3歳未勝利)を3馬身追走し、4コーナーでは内へ。直線半ばで仕掛けられると、抜群の伸び脚を披露。6F84秒4〜1F11秒8(強め)。最後は豪快に3馬身半突き放した。1冠を制し、さらに風格を増した印象だ。

 池江師は「動きは良かった。皐月賞の後も在厩調整で、疲れも比較的早く取れた。きょうは全体時計は遅めに、上がり重点。反応も良かったし、来週は全体時計を速くする予定」と順調をアピールしていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2017年5月11日のニュース