横浜流星「練習1日目で骨折しました」、意外な弱点告白にさんまビックリ「どんくさかったんだ」

[ 2020年10月16日 22:11 ]

俳優の横浜流星
Photo By スポニチ

 俳優、横浜流星(24)が16日放送のフジテレビ系「さんまのまんま秋SP」(後8・00)に出演し、自身の“弱点”を明かした。

 極真空手の国際試合で優勝し、世界1位に輝いた経験を持つイケメン俳優。料理が苦手で野菜炒めを黒焦げにしてしまった経験を話した後に「球技も全くできない。ひどいです」と打ち明けた。

 出演する作品で、バスケットボールをプレーするシーンがあったそう。事前に練習したが、「練習1日目で親指を骨折しました。ドリブルすらできないっていう…。こういう風にやっていたらゴキッて」と、ボールをつく仕草を交えて説明した。

 学生時代「ボールを投げて距離を測る」ことがあったという。横浜が投げると、指定のゾーンから大きく外れ「まっすぐ飛ばなくて測定不能だった」。野球も「全くできない」とし、「サッカーとかも学生時代に休み時間とかやったりするんですけど『邪魔だからどいて』って言われて」と振り返った。

 さんまは、このエピソードに「空手チャンピオンで男前でマジメで、こんな男いるんだって思ったら、どんくさかったんだ」とコメントしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月16日のニュース