コンビ売りのタカトシ きっかけはタカの“滑り倒し”事件「絶対ピンでは出ない」

[ 2020年10月16日 15:20 ]

「タカアンドトシ」のタカ(左)とトシ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「タカアンドトシ」が、15日夜放送のABCテレビ「やすとものいたって真剣です」(木曜後11・27)にゲスト出演し、単独での活動がほとんどない理由を明かした。

 MCの「海原やすよともこ」のやすよ(45)から「私のイメージでは、タカトシはバラバラの仕事をあまりしない。コンビでしっかり向き当って、お互い話し合って約束してるのかなって」と聞かれると、トシ(44)は「1回、きっかけがあって」といきさつを説明した。

 以前からピンでの活動に消極的だったタカ(44)が、マネジャーの猛プッシュもありテレビ朝日系「アメトーーク!」に単独で出演。トークも不発だった上、持ちネタの「欧米か!」ネタを1人でやって滑り倒したという。テレビで見ていたトシが「何もしゃべれなかったんですよ。こんなにしゃべれないか?『アメトーーク!』で」と心配するほどで、「そこからこいつは絶対、ピンでは出ない」と明かした。

 一方のタカは「自分も、こいつだけ1人で出て活躍したら嫌だから、『出るなよ』って。『一緒な。コンビな』って」と、トシのピンでの活動に難色を示しているという。

 トシはテレビ朝日系「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉?」に単独で出演していたが、しばらくしてタカも一緒に出るようになったという。トシの単独出演をテレビで見たタカの母が、タカに「あんたは何で出ないの?」、「1人で出すな」と説得したといい、事情を聞いたトシは「そんなお母さん、います?」とぶっちゃけ、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月16日のニュース