おぎやはぎの“栃木びいき” 魅力度ランク最下位「おかしい」「U字工事が悪い」

[ 2020年10月16日 13:43 ]

「おぎやはぎ」の矢作兼(右)と小木博明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」が15日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、14日に発表された今年の「都道府県魅力度ランキング」の結果に異論を唱えた。

 7年連続最下位だった茨城に代わり、前年43位から最下位に転落したのが栃木。この結果に、小木博明(49)は「栃木がビリなんて考えられない。俺の中でトップ10…トップ5だな」と訴えた。「だいたいどこか行こうってなった時、必ず入っているところ」というほどでの栃木好きで、「有名な温泉もあるわけですよ。鬼怒川もあるし、塩原温泉もあるし」、「栃木は湯葉もおいしいし、とちぎ牛もある」と、観光スポットやおすすめグルメを紹介した。

 一方の矢作兼(49)は、「俺、那須高原に別荘持ってたから。ヘリポートがあったから。すっごいところなんだよ」と明かし、「ビリは絶対におかしいな」と主張。「絶対、『U字工事』が悪い」と、栃木出身の「U字工事」にいちゃもんを付けると、小木も「絶対悪い。それで落ちちゃってるんだよ」と悪ノリしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月16日のニュース