加藤清史郎「天地人」以来11年ぶり大河出演 「麒麟がくる」で誠仁親王役「精いっぱい生きたい」

[ 2020年10月16日 14:28 ]

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」出演が決まった加藤清史郎
Photo By 提供写真

 NHKは16日、俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の新キャスト8人を発表。俳優の加藤清史郎(19)が、正親町天皇(坂東玉三郎)の嫡男、誠仁親王を演じることになった。加藤の大河出演は09年の「天地人」で主人公・直江兼続の幼少期を演じて以来、11年ぶり。

、誠仁親王は正親町帝の子にして、帝の後継者。正親町帝と距離ができた織田信長(染谷将太)が接近する皇太子。

 加藤は「正親町天皇の嫡男であり、大の蹴鞠(けまり)好きということで、これまでにない多くの貴重な経験をさせていただいております」と語り、「この『麒麟がくる』という作品の中で、誠仁として、精いっぱい生きていきたいと思っております!!」と抱負を述べた。

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 新型コロナウイルスの影響により、撮影は4月1日から一時中止し、6月30日に約3カ月ぶりに再開。放送は6月7日の第21話をもって一時休止し、8月30日に約3カ月ぶりに再開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月16日のニュース