“お笑い第4世代”土田晃之、第7世代絶賛して自虐「僕らはほとんど“ダウンタウン病”にかかってた」

[ 2020年10月16日 14:24 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の土田晃之(48)が16日、フジテレビ「バイキングmore」(月~金曜前11・55)に出演。お笑い第7世代に対する印象を語った。

 第7世代についての話題となり、土田は自身が「第4世代」に該当することを説明。「とんねるずさん、ダウンタウンさん、ウッチャンナンチャンさんが第3世代って言われてたんですよ。ヒロミさんが、その時と今の第7世代のブームが似ていると言っていたけど、俺もそんな気がします。ごっそり変わったというか」と第7世代の勢いを絶賛した。

 「第6世代」のアンガールズ・田中卓志(44)も「第7世代って今までの世代より、何でもできるなというのがある」と印象を語り、「優秀すぎるなというくらい。トークもリアクションも」と大絶賛。

 土田は「僕ら第4世代はほとんど“ダウンタウン病”っていう病気にみんなかかってましたから」と自虐的に語り、「みんな黙って、天才を気取って。俺もアンジャッシュ児嶋とかも。くりぃむしちゅーの有田哲平とかもそうですよ」と例を挙げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月16日のニュース