観月ありさ 自身の秘密バラした俳優を告白「ひた隠しにしていた努力が無に…」

[ 2020年8月9日 21:57 ]

観月ありさ
Photo By スポニチ

 女優、観月ありさ(43)が9日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)にゲスト出演。自身の秘密をバラしたという俳優から直接謝罪を受ける場面があった。

 番組のテーマは「あの時グッとこらえた 男の我慢 女の我慢」。観月は12日スタートの同局連続ドラマ「私たちはどうかしている」(水曜後10・00)に関して、「グッとこらえた」ことがあったと明かした。

 ドラマの撮影は3月に開始。観月の出演は6月に発表される予定だった。それまでは、出演を周囲に悟られないように注意したが、情報の解禁日まであと2日に迫った日。共演の佐野史郎(65)がSNSで、観月が出演することをフライング発表してしまったという。

 その後、出演が正式にアナウンスされると、ネット上では「知っているよ」などとの意見が飛び交ったそう。「あれビックリしたよね。こんなに一生懸命隠していたのに。まさかのフライングで『ちょっと!』みたいな。ひた隠しにしていた努力が無になるっていう…」とこぼした。

 その後、スタジオに佐野が登場し「すいません。やっちゃいました」と第一声で、観月に謝罪。情報の解禁日はもちろん知っており、注意を払っていたというが、「その(フライング発表の)日は観月さんと2人のシーン。終わって2人で初めての写真を撮ったんですよね。家帰って、書いちゃったんだよね。ボケです、ボケ老人ですよ」と苦笑した。謝罪を受けた観月は「(佐野から)何かもらいます」と笑顔で返し、スタジオを和ませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース