みのもんた明かす 超多忙時「コマーシャル中はぐっすり寝ました」

[ 2020年8月9日 09:32 ]

みのもんた
Photo By スポニチ

 タレントでキャスターのみのもんた(75)が司会を務める読売テレビ「朝からみのもんた」(日曜前6・30、関西ローカル)に出演。3月に勇退した同局の「秘密のケンミンSHOW」以来、約半年ぶりにテレビ復帰した。

 レギュラー16本の超多忙だった時代は「午後は○○おもいッきりテレビ」「みのもんたの朝ズバッ!」の2本の平日の帯番組を抱え、夜のレギュラー番組も複数こなしていた。「お金があり過ぎちゃって。どういうふうに使ったらいいかって、難しくて」と笑うと、タレントの小島瑠璃子(26)も「うらやましいです。言ってみたい、あり過ぎちゃって大変って」。それでも、みのは「そりゃそうでしょ、帯だけでも毎朝2つやって、昼のゴールデンでも、週に3本ぐらいやって」とあっけらかん。乗り越えられた裏に、スタイリストとしても支えてくれた妻の存在があったことを挙げ、感謝した。

 それでも「朝の帯の番組やってても、夕方のこういう収録の番組やってても、コマーシャルの間はぐっすり寝てられますから」とあっけらかんと明かし、笑ったみの。この言葉に、小島が「コマーシャルの間だけですよね?」と念を押すと、みのは「ぐっすり寝ました、2分半ぐらいぐっすり。耳でちゃんと起きてましたから」とキッパリ。「始まります!って言われなくてもコマーシャルが終わると、スタジオの空気が変わるんです。その空気の変わった瞬間にパッと目が覚める」と言い切った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース