長崎原爆の日 サンボマスター山口がライブの思い出つづる「愛と平和。この街が好きだ」

[ 2020年8月9日 16:51 ]

「サンボマスター」の山口隆
Photo By スポニチ

 人気バンド「サンボマスター」のボーカル、ギターを務める山口隆(44)が9日、自身の公式ツイッターで、この日75回目の原爆の日を迎えた長崎への思いをつづった。

 山口が印象に残っているのは、過去に長崎で行ったライブでの独特な掛け声だったという。「長崎でライブをしたアンコールの時、お客さんの『もってこーい!もってこーい!』のコールは『おくんち』での掛け声だと聞いてすごく嬉しかった」。長崎の秋の風物詩でもある祭り「長崎くんち」の掛け声で、アンコールをかけてもらった思い出を懐かしんだ。

 長崎の町並みを思い出しながら、「ライブハウスから通りをぬけて港近くのあの喫茶店でコーヒーを。思い出すだけで愛しい街、長崎。愛と平和。この街が好き。愛と平和。この街が好きだ」ともツイート。バンドの代表曲「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」の歌詞をまじえながら、長崎への愛着を記していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース