松本人志 日大ラグビー部員への“つまようじ暴行”問題に「ヘッドコーチというか若頭ですよ」

[ 2020年8月9日 11:19 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演し、日大ラグビー部の元ヘッドコーチ(HC)による部員へのパワハラ行為についてコメントした。

 元HCの40代男性による、部員の頭部につまようじを刺すなどの暴力行為が、部員からの告発によって発覚。男性は今年3月、家族の介護を理由に退任した。

 一連の問題に、松本は「日大といえば…ということでずっとバイキング見てましたけどね。詳しくやってましたから」と、一昨年のアメフト部監督による危険タックル指示の問題から詳報する同局系「バイキング」の番組名を出して笑わせつつも、「ヘッドコーチというか、若頭ですよ。何だろうか?」と、問題の悪質性を厳しく指摘した。

 番組では、7本のつまようじを頭に刺された部員の写真を紹介した。松本は驚きの表情を見せ、「つまようじの写真は今、初めて見て、引きましたけど」とストレートに語った。

 松本自身も、過去につまようじが頭に刺さった男性を見たことがあるという。「ほっしゃん(星田英利)は初めて会った時、自分でやってましたけどね。目立とうとして」。さらに「そんなんしたらあかんで」と指摘したといい、「ほっしゃんはそういう子なんで」と説明を加え、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース