秋川雅史 8月9日に名曲「長崎の鐘」歌う

[ 2020年8月9日 05:31 ]

9日に「長崎の鐘」を歌唱する秋川雅史
Photo By 提供写真

 歌手の秋川雅史(52)が9日、長崎に原爆が落とされたこの日に名曲「長崎の鐘」を歌う。

 同楽曲は、戦災にあった方々への鎮魂として、現在NHKで放送中の連続テレビ小説「エール」のモデルとなっている古関裕而さんが作曲した。1949年に藤山一郎さんの歌唱でリリースされ、51年には第1回NHK紅白歌合戦で大トリを務めた。

 これまでにも秋川は、古関さんが作曲した曲を歌ってきた。中でも「長崎の鐘」と「イヨマンテの夜」は自身の大切なレパートリーとなっている。

 雑誌「婦人公論」の公式YouTubeチャンネルから配信する。同誌は現在古関さんの特集を行っており、その縁から実現した。またコーラスグループ「ベイビー・ブー」とのコラボレーションも行う予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月9日のニュース