みのもんた 吉村知事の指針は「若い感覚で分かりやすい」も結果が「“これから分かる”では困る」

[ 2020年8月9日 09:13 ]

みのもんた
Photo By スポニチ

 タレントでキャスターのみのもんた(75)が司会を務める読売テレビ「朝からみのもんた」(日曜前6・30、関西ローカル)に出演。3月に勇退した同局の「秘密のケンミンSHOW」以来、約半年ぶりにテレビ復帰した。

 番組ではみのに対して「さまざまな芸能人から聞いてみたいこと、トークしてほしいこと」を募っており、この日も元衆院議員でタレントの東国原英夫(62)から「大阪モデル」を打ち出すなど、新型コロナ対策で注目を集める大阪府の吉村洋文知事(45)をどう思うか?との質問が寄せられた。

 みのは「いい男だね、若いんでしょ、あの人」と称賛。「(大阪モデルは)数の論理から言ってるわけですよ、そのラインを決めてる、それは若い感覚だね。何点を取れば、受かる、受からないとかにつながるんだろうけど、非常に分かりやすいことは分かりやすい」と私見を述べた。

 そのうえで「ただ、1つだけ言えることは、そのルールは果たして正解かどうかはこれからじゃないとわからない。命がかかってる問題だから、“これからわかる”では困る。相当の裏付けがないと。まあ、正解はいつかは出るだろうね…」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース