渡辺2冠、初の名人奪取へ王手!名人戦第5局、豊島名人を128手で下す

[ 2020年8月9日 05:30 ]

勝利した挑戦者の渡辺2冠(提供・日本将棋連盟)
Photo By 提供写真

 豊島将之名人(30)=竜王と2冠=に渡辺明王将(36)=棋王と2冠=が挑む将棋の第78期名人戦7番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)第5局が8日、東京・将棋会館で2日目が指し継がれ、128手で渡辺が勝利した。渡辺は3勝2敗で初の名人奪取へ王手をかけた。

 後手の渡辺が5段目まで進めた飛先の歩に豊島は左銀を8筋へ上げて応じた。これに居飛車党の渡辺が飛車を四間へ。1日目は力戦調の将棋になり、互角の展開が続いた。

 2日目午後、渡辺が豊島の歩の前へ金を突進する強手を繰り出し、攻勢に。さらに王の背後へ成り込まれた豊島竜の射程を、銀で遮る受けの強手で優勢になった。「(敵陣に)と金2つができて好転したと思った」と振り返った。

 渡辺は7月16日、藤井聡太七段(当時)に棋聖を奪われ、2冠に後退したが3冠復帰へあと1勝とした。「こういう状況を迎えたことがないので乗り越えていければいい」。第6局は14、15日に大阪・関西将棋会館で指される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月9日のニュース