「SHOWROOM」前田社長 生島ヒロシとラジオで共演 今日に生きている「ハングリー精神」語る

[ 2019年11月17日 17:07 ]

「世界で一番大きなサービスを作ることが夢です」と熱く語る前田裕二社長(左)と生島ヒロシ
Photo By スポニチ

 ライブ動画配信サービス「SHOWROOM」の前田裕二社長(32)が18日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」(月~金曜前5・30)にゲスト出演する。

 同社は前田社長が2015年に設立。アーティストやアイドル、タレントの配信が無料で視聴でき、誰でもすぐに生配信が可能なストリーミングサービスを行い現在では400万以上のダウンロード、プレイヤーも30万人が発信している。

 幼い時に両親を亡くし、生活のため小6でギターを片手に弾き語りを始めた。その時培われた「ハングリー精神」が今日にも生きている。「路上ライブでは松田聖子さんや小坂明子さん、村下孝蔵さんの『初恋』などを歌っていました」と前田社長。お母さんが美空ひばりさんの大ファンだったが、そのひばりさんのラストソング「川の流れのように」を作詞した秋元康さん(61)との出会いは前田社長の夢を後押ししている。

 「世界に勝つこと! 世界で一番大きなサービスを作ることが夢です」と前田氏。フリーアナウンサー生島ヒロシ(68)とのトークに注目が集まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月17日のニュース