菊池桃子と結婚の経産省局長に政界から祝福の声…甘利氏「我等のアイドルが」

[ 2019年11月4日 22:45 ]

菊池桃子
Photo By スポニチ

 タレントの菊池桃子(51)が再婚したお相手が、経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長(60)ということが明らかになり、政界からも祝福の言葉が相次いだ。

 元経済産業大臣の甘利明衆院議員(70)は、自身のツイッターで「土曜日に経産省の新原局長から電話がありました。『じつは、女優の菊池桃子さんと結婚することになりました。月曜に彼女がブログで発表しますので』『えーーっ』我等のアイドルが野蛮人(笑)の手に まっ、みんなに夢と希望を与えるからいっか。おめでとー」とすでに報告を受けていたことを明かした。

 また、経済産業副大臣を務めたことのある総務副大臣の鈴木淳司氏(61)は「な、な、なんと!新原局長、おめでとうございます。しかし…あの菊池桃子さんが、あの新原さんのもとに!実は私は若い頃、隠れ菊池桃子ファンでした」と“憧れの人”を奪われた悔しさ?をまじえながら祝福。世耕弘成参院幹事長(56)は「新原局長おめでとうございます!一緒に仕事をしてきましたが、どんな難題にも明るく前向きにチャレンジする極めて優秀な方です」とした。

 菊池は、「1億総活躍社会」実現に向けて話し合う政府の「国民会議」メンバーを務め、そこで新原氏と出会ったという。新原氏は1984年に東大経済学部を卒業し、通商産業省に入省。大臣官房審議官などを歴任、同省の次期事務次官候補と目されている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月4日のニュース