高嶋ちさ子、星野真里の夫・高野アナを一喝「結局はアイラブミ―」

[ 2019年11月4日 22:58 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストの高嶋ちさ子(51)が4日放送のTBS系「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP」(月曜後7・00)に出演。女優の星野真里(38)の夫であるTBS高野貴裕アナウンサー(40)を一喝した。

 星野が「理解できない夫の行動」というテーマで「旦那がママ友の前でハグしてくる」ことについてトーク。誰の前でも愛情表現してくるそうで、「幼稚園でママ友がようやくでき始めたときに『真里ちゃ~ん!』と言いながら強く抱きしめてきて…」と話し「やめてとは言うがなかなかやめてくれない。キスする感じにもなりそうになるんです」と悩みを吐露した。

 また俳優の船越英一郎(59)と食事をする機会があった際に、「真里ちゃんはすごくいいよね」とほめてくれると、「でしょう、うちの真里は…」と高野がいつもの“イチャイチャ”を始め、船越から「俺の前でよくそんな幸せそうな…」と苦い表情をされたことも。

 高嶋は高野の行動について「幼稚園に芸能人が行くとただでさえ目立つから、なるべく目立たないようにしたい。でも(ハグといった)目立つことをすると、それだけでマイナスになる。ママ友の中でものすごく立場が不利になる」と分析。「他のママ達を女として見てるからモテようとしている、隙あらばと思っているのでは」と話し、「奥さん思いの自分をアピールしていて、結局は『アイラブミ―』ということなんですよ」と厳しく指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月4日のニュース