田淵幸一氏、ジャニーさんにスカウトされていた…小学時代の驚きのエピソード告白

[ 2019年11月4日 17:32 ]

野球談義に花を咲かせた田淵幸一氏(左)と生島ヒロシ
Photo By 提供写真

 スポニチ本紙野球評論家の田淵幸一氏(73)が、5日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」(月~金曜前5・30)に出演する。

 毎週火曜日オンエアの「しんくみバンクpresents ヒロシのハッピーモーニング」にゲストとして登場するもので12、19日の計3回登場。田淵は生島ヒロシ(68)が会長をつとめる「生島企画室」と業務提携し、大学も同じ法政出身ということもあり野球談義に花が咲いた。

 ドラフトの目玉でロッテが1位指名した佐々木朗希投手(18) については、「指にマメが出来るクセは致命的になる。江夏もマメが出来やすい体質だったが、指先を鍛えて克服した」とアドバイス。同じくヤクルト1位指名の奥川恭伸投手(18)には「登板の機会が多いと思うし、プロの体を作って頑張って欲しい」とエールを送った。

 その他、DeNA筒香嘉智外野手(27)のメジャー挑戦や小学生時代にジャニー喜多川さん(享年87)にスカウトされたエピソードなどを披露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月4日のニュース