王将戦リーグ 広瀬竜王4勝目で暫定単独トップ、自力挑戦権懸け藤井七段と19日対戦

[ 2019年11月4日 19:34 ]

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は4日、東京都渋谷区の将棋会館で挑戦者決定リーグの2局を行い、久保利明九段(44)を92手で下した広瀬章人竜王(32)が4勝1敗で暫定単独トップに立った。広瀬は19日の同リーグ最終日で史上最年少棋士の藤井聡太七段(17)を破れば、渡辺明王将(35)=棋王、棋聖との3冠=への挑戦権を自力で獲得する。

 一方で前王将の久保と、この日豊島将之名人(29)に83手で敗れた三浦弘行九段(45)はともに3敗目を喫し、挑戦の可能性が消滅した。

 4日時点の挑戦者決定リーグ勝敗
 広瀬章人竜王=4勝1敗
 藤井聡太七段=3勝1敗
 豊島将之名人=3勝2敗
 羽生善治九段=2勝2敗
 糸谷哲郎八段=1勝2敗
 三浦弘行九段=1勝3敗
 久保利明九段=3敗

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年11月4日のニュース