×

米倉涼子主演「ドクターX」第3話18・1% 羽鳥慎一&玉川徹氏登場で話題

[ 2019年11月1日 10:03 ]

「ドクターX~外科医・大門未知子~」で主演を務める米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(44)が主演と務めるテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)の第3話が10月31日に放送され、平均視聴率が18・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

 初回で、今年放送された民放連続ドラマ1位となる20・3%をマーク。前週の第2話は19・0%とし、さらに今回は0・9ポイント下降したものの、高水準を維持している。

 高視聴率を続けるドラマシリーズは今回が第6弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは全て平均視聴率20%以上を叩き出し、決めゼリフ「私、失敗しないので」も流行した。

 今シリーズは、前シリーズまでの舞台だった「東帝大学病院」が倒産寸前の危機に直面し、新たな権力闘争が激化。第3話は、失言を繰り返し、マスコミから逃れるため大学病院に入院させてほしいとやって来た厚生労働相・梅沢(角野卓造)。たまたま彼の口の中を見て、舌がんを発見した未知子(米倉)は手術を含め、48時間での治療を提案する…という展開だった。

 この日は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一(48)と同局の玉川徹氏(56)が、米倉演じる未知子が訪れたもんじゃ焼き店で隣に座った“客・H(羽鳥)”“客・T(玉川氏)”として出演。同局朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」コンビの登場に、ネットで大盛り上がりを見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年11月1日のニュース