津川雅彦さんに「牧野省三賞」 娘・真由子が喜び「光栄」

[ 2019年10月17日 15:54 ]

故・津川雅彦さんに「牧野省三賞」が贈られ、授賞式に代理で出席した一人娘の真由子(左)。右は中島貞夫監督
Photo By スポニチ

 「京都国際映画祭2019」のオープニングセレモニーが17日、西本願寺で行われ、日本映画の発展に寄与した映画人に贈られる「牧野省三賞」に、牧野さんの孫で昨年8月に亡くなった故・津川雅彦さんが選出された。

 授賞式には津川さんの一人娘で女優の真由子(45)が出席。「父の生前にもこの賞を頂ける、という話があった」と明かした上で「さすがに身内がもらっちゃまずいだろう、となりまして。しかし、今回は牧野省三没後90年でもあり、父も亡くなって1年目ということで…。こんな光栄なことはありません」と喜んだ。

 直前には津川さんの墓前にも報告したそうで「今日も一緒に(授賞式に)来ているんじゃないでしょうか」と話した。同映画祭は20日まで京都市内で行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月17日のニュース