青学大・原監督 東京五輪マラソン&競歩の札幌開催案に「強化方法そのものを変えていかなければ…」

[ 2019年10月17日 12:10 ]

青学大陸上部監督の原晋氏
Photo By スポニチ

 青学大陸上部の原晋監督(52)が17日、TBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。国際オリンピック委員会(IOC)が懸念が高まっている東京五輪の暑さ対策として、陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する代替案の検討に入ったことに言及した。

 IOCは大会組織委員会などと協議を進める方針で、五輪の準備状況を監督する調整委員会が30日から都内で開く会合でも話し合う。

 原氏は「見てる方は涼しいから楽でしょうけど、出場選手も楽でしょうけど強化方法そのものを変えていかなければならない問題がある」と指摘し、「強さよりは速さが求められますからね、涼しくなると」と話した。

 また、男子柔道で五輪3連覇を成し遂げた野村忠宏氏(44)は「会場の変更っていうのは柔道にとっては関係はないですけど、陸上っていう部分では大きな変化だし各方面にすごい影響ありますね」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月17日のニュース