AKB48グループ 博多で「仁義なき戦い」

[ 2019年10月17日 05:00 ]

舞台「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」の取材会で、気合のポーズを見せるAKB48グループメンバーの(左から)瀧野由美子、田島芽瑠、斉藤真木子、岡田奈々、白間美瑠、本間日陽
Photo By スポニチ

 AKB48グループが11月9日、福岡・博多座で舞台「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」初日を前に、取材に応じた。73年に公開されて大ヒットを記録した、東映映画の舞台化で、博多座の開場20周年を記念して行われる。取材会にはAKB48/STU48岡田奈々(21)、NMB48白間美瑠(22)、SKE48斉藤真木子(25)、HKT48田島芽瑠(19)、NGT48本間日陽(19)、STU48瀧野由美子(22)が出席した。

 48グループはこれまでドラマ「マジすか学園」シリーズのヤンキーや、「豆腐プロレス」のプロレスラーなど、女性アイドルがあまり挑戦しないような世界観の演技に挑戦してきた。昭和の任侠の世界に足を踏み入れることになった田島は「48グループには、プロレスだったり、ヤンキーだったり、今までも『女性が演じるの?』という驚きはありました」と話した。

 映画版で菅原文太さんが演じた主人公の広能昌三は、岡田とAKB48横山由依(26)がダブルキャストで演じる。岡田は「広能は良く言えばまっすぐだけど、何もない人」とストレートに感想を語った。ドスの利いた声が得意なのはAKB48込山榛香(21)だといい、岡田は「巻き舌がうまいんですよ」と説明した。

 一方、広能が属する山守組の組長・山守義雄役の斉藤は「どなり散らすせりふがあるんですけど、興奮すると高い声が出てしまいます」と悪戦苦闘ぶりを口にした。

 セリフはほぼ広島・呉の方言。本間のほか、荻野由佳(20)西潟茉莉奈(24)らが出演するNGT48のメンバー内では、呉弁が流行しているようで、本間は「新しい言葉を話せるのが楽しくて、普段の会話でも『のう』とか『じゃけん』を付けて話したりしています。いろんな言葉を知れるのはすごいことです」と目を輝かせた。山口出身の瀧野も「呉弁は山口弁をより濃くした感じ。『あなた』のことを『こんなぁ』って言うんですけど、お母さんと話していて、つい出てしまって…。お母さんもポカーンとしてました」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月17日のニュース