早見あかり 脱退後にももクロブレークで心無い言葉も「比べられてもしんどくなかった」

[ 2019年10月17日 09:24 ]

早見あかり
Photo By スポニチ

 元「ももいろクローバー」のメンバーで女優の早見あかり(24)が16日深夜放送のテレビ朝日「すじがねファンです!」(水曜深夜0・15)に出演。グループ“脱退”の真相を語った。

 早見は2008年11月から「ももいろクローバーZ」の前身「ももいろクローバー」に加入。しかし2011年4月、活動期間わずか2年半で16歳の時にグループを脱退。以後、女優として活動している。

 アイドル時代、ファンサービスの代わりに壁を指さすなど、超塩対応だったという早見。「当時、自分のアイドル像と自分がかけ離れすぎてて、他のメンバーが本気でファンに向かっているので、一人だけ嘘ついて笑うのができなくて、ライブ出たくないなと思って真顔でライブをしていたことが何回かあるんです」とぶっちゃけた。

 突然の脱退でメンバーとの不仲説も飛び交ったが、「メンバーに申し訳ないなと思って。本当に仲良かったし、今でも仲良いので」とキッパリ。ももクロのライブに行くのも「私としたら旧友のライブに遊びに行っただけ」とあっけらかん。早見の脱退後、ももクロは大ブレークした。「周りの人のほうが心配しちゃうんですけど…『メンタル大丈夫?』『ももクロ売れてるけど』とか言われたりとかするんですけど…」と心無い言葉もあったというが、「(ももクロと)比べられてもしんどくなかったし、彼女たちが頑張っている背中を追いかけていかないといけないという活力になった。妬(ねた)み・嫉(そね)みが生まれるんじゃなくて、私も頑張ろう!って思ったりもした」と心境を振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月17日のニュース