水嶋ヒロ 世界初の新プロジェクト発表「僕のバーチャルな分身が誕生しました」

[ 2019年10月11日 12:27 ]

水嶋ヒロのバーチャルヒューマン「Lewis [Hiro] Newman」
Photo By 提供写真

 俳優の水嶋ヒロ(35)が11日、自身のSNSを更新し、「この度、僕のバーチャルな分身が誕生しました」と世界初の新プロジェクトを発表した。

 水嶋は「新プロジェクト発表(世界初)」のタイトルでブログを更新。「みんなずっとあたためてきたプロジェクト、発表するね。ちょっと話があまりにも突飛でビックリするかもしれないけど どうかついてきて」と呼びかけ、「この度僕のバーチャル(全てCG)な分身が誕生しました」を新プロジェクトを発表した。

 「名前は『Lewis [Hiro] Newman(ルイス ニューマン)※Hiroはミドルネーム』米国にも拠点を有する、日本初のバーチャルヒューマンを企画・開発・マネジメントする 1sec(ワンセック)さんと一緒に創ったんだ」と報告した。

 今回のプロジェクトの誕生経緯としては「なんで急に分身を生むことになったかというと…少し説明するのが難しいんだけど 例えば昔選択したことが違ってたら いまどんな人生になってただろうか…?なんて想像したことない?例えば僕だと 大学生の頃に渡英するか俳優になるかで迷ってた時期があって…憧れてたロンドンでデザインや音楽の勉強をして ファッションやアートにも長けたグローバルに活躍できるアーティストになりたい!そして自分だけにしか生み出せない価値を創れる人になりたい!そんなことを夢見てた時期が実はあったんだよね。Lewisは、そんな僕が生きることができなかったもう一つの物語を歩んでいく存在になり得ると、1secのGENIEさん(CEOの宮地さん)と話してて思った」と説明した。

 「見た目は同じだけど、Lewisは僕に無い能力をたくさん持って、異なる選択を続けていく人生になる。ちょっとワクワクしない?」と水嶋。「バーチャルヒューマンではあるけど、彼はこの世界にちゃんと存在して、僕がかつて夢見ていた景色を味わっていくんだから」「Lewisはまだ生まれたばかりだけど、きっと彼は僕の代わりに素敵なことをたくさんしていくと思う。羨ましいことに、ずっと若いまま、ずっと夢を追い続けていく」と続けた。

 「すごいよね。もしこの世から僕がいなくなっても、彼は存在し続けることができるわけだし」と期待を膨らませ、「世界初の取り組み。ぜひ応援してもらえたら。現実の世界では一つの人生しか歩めないけど、テクノロジーの進化によって、もう一人の自分で別の人生を生きることができる。そんな時代も悪くないよね」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月11日のニュース