トライセラ和田唱 父・和田誠さんに感謝 ジャズや映画を教えられ「幸せな人間」「おとう、またな!」

[ 2019年10月11日 22:15 ]

和田唱
Photo By スポニチ

 本の装丁やポスター、映画などさまざまなジャンルで活躍したイラストレーターの和田誠(わだ・まこと)さんが7日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。和田さんの長男でロックバンド「TRICERATOPS」のボーカル・和田唱(43)が父を悼み、感謝した。

 11日夜、自身のツイッターを更新。「親父が天国へ旅立った。最近は日々具合が悪くなっていったから、どこかで覚悟はしていたけれど、同時に奇跡が起きることも願っていた。でも、それは叶わなかった。今思えば、きっと親父なりにベストなタイミングでの旅立ちだったんだろう」と父との別れを報告。

 「親父はキャンプとか釣りとかスポーツとは無縁で、その辺のことは一切教えてくれなかった。お陰で俺はインドア派だし、スポーツのルールも大体知らない。でも親父は映画を教えてくれた。ジャズを教えてくれた。ルールに縛られないこと、好きなものは好きでいいこと、自分がこうだと思ったら貫くことを教えてくれた。お陰で俺は幸せな人間だ」と感謝した。

 「だから明るくサヨナラをしたい。それが和田家流だ。でも魂は死なないし、心にその人がいる限り、どのみちサヨナラなんてない。肉体的なしばしの別れに過ぎないから、『おとう、またな!』くらいにしておこう。でもThank YouとI Love Youは添えておくよ。唱」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月11日のニュース