NHK「いだてん」謝罪 「いだてん紀行」で戦没オリンピアンを誤紹介 訂正し再放送

[ 2019年10月11日 21:40 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)は11日、先週6日に「戦没オリンピアン」について取り上げた第38回「いだてん紀行」で選手を誤って紹介したと公式サイトで謝罪し、訂正した。

 「『戦没オリンピアン』について取り上げた第38回『いだてん紀行』で、横山隆志選手(写真一番右)を紹介すべきところ、誤って別の選手を横山選手として放送してしまいました。関係者並びに視聴者の皆様にお詫びいたしますとともに、訂正して再放送いたします」

 「いだてん紀行」は本編の後のミニ枠。4人の選手が並ぶ写真で、本来は右端の選手が1932年ロサンゼルス五輪・競泳男子800メートルリレー金メダリストの横山隆志だが、右から2番目の選手を「横山隆志 800Mリレー 金メダリスト 国内で戦病死」とテロップで紹介してしまった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月11日のニュース