JCM名誉会長の茂木高一さん死去 細川たかし、川中美幸ら発掘

[ 2019年10月2日 05:30 ]

茂木高一さん
Photo By 提供写真

 細川たかし(69)や川中美幸(63)らの発掘や売り出しに貢献した音楽出版社「セントラルミュージック(JCM)」の名誉会長、茂木高一(もてぎ・たかいち)さんが9月14日午前1時28分、老衰のため亡くなった。同社が1日、発表した。85歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は妻登紀子(ときこ)さん。後日、お別れ会を行う。

 1957年に文化放送に入社。67年に創業した子会社のセントラルミュージックに出向し、85年に社長、16年に名誉会長に就任。演歌だけでなく、ロックバンド「LINDBERG」や歌手の徳永英明(58)らを発掘し、世に出すことに貢献。さだまさし(67)の曲をはじめ、管理楽曲は約1万7000曲に上った。

 ▼細川たかし 茂木会長はデビューするきっかけをつくってくださり、四十数年ずっと見守ってくださいました。寂しい限りですが、天国で好きな曲を聴きながらゆっくりしていただきたいと切に願うばかりです。

 ▼川中美幸 歌手デビュー前の中学2年生の頃から、ずっとお世話になりっ放しでした。この世界の恩師と呼べる方でした。残念でたまりません。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース