さまぁ~ず三村が明かした“優勝は粗品以外がよかった”ツイート真意

[ 2019年10月2日 11:16 ]

「さまぁ~ず」の三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(52)が1日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)に出演。かつて物議を呼んだ、後輩コンビ「霜降り明星」粗品(26)に関するツイッターでのコメントの真意について明かした。

 三村は、今年3月に行われた「R-1ぐらんぷり2019」で粗品が史上最年少王者に輝いた際に、「私は(優勝は)粗品以外がよかった。粗品、へんな風になっちゃうよ」とツイートし、賛否を呼んだ。

 番組では両者によるサシ飲みを敢行。三村は「あんまりにも冠がすごいと、後々しんどくなるんじゃないかと。若いうちにいろんなものを制覇していくと、途中くたびれちゃうんじゃないかと思った。一個くらい悔しい部分があった方がいいんじゃないかというニュアンスだった」と、投稿した当時の思いを粗品に直接説明した。

 「調子に乗っちゃうんじゃないか」と感じ、親心としてクギをさした部分もあったというが「(調子に)乗らないやつかなって多少思った。その辺に収まるやつじゃなく、もうちょっと上に行く人だったんだなって」と、杞憂に終わったとも。

 三村のもとにはファンから「粗品はそういう人じゃない」「なんで優勝を素直にほめてあげないんだ」と苦情が寄せられたというが、粗品は「調子に乗っていたと思う。(三村の)ツイッターを見て、“気を付けろよ”じゃないですけど、“もったいないぞ”というメッセージだったんだと思います」と話し、先輩の忠告に感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース