カレッジ・コスモス 今宮戎神社でヒット祈願「私たちもスターの階段を上っていけるように」

[ 2019年10月2日 21:40 ]

大阪市内の今宮戎神社で新曲のヒットを祈願を行う「カレッジ・コスモス」の(左から)秋月香七、松井まり、新家利奈 
Photo By スポニチ

 現役女子大生を中心とするアイドルユニット「カレッジ・コスモス」の松井まり(22)秋月香七(20)新家利奈(23)の3人が2日、大阪市内の今宮戎神社で、2ndシングル「幸せのありかはどちらですか/わたし革命」(ダブルA面、9日リリース)のヒット祈願を行った。

 同グループは3月にリリースした1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」(トリプルA面)が、オリコンデイリーランキング10位を記録。今夏には大型アイドルフェスに初出演するなど、活動の幅を広げている。

 新曲は「幸せの―」が将来の夢を歌い、「わたし革命」は“自分の意志をちゃんと発信できる人になりたい”というメッセージが込められたもの。ともに学生目線の等身大の楽曲となっている。

 松井は「1人でも多くの人にこの楽曲を聞いてもらえるように」という思いを込めて参拝。「商売繁盛の神様を祀る神社でヒット祈願を行えたから、大ヒット間違いなしですね」と微笑んだ。

 一方、同神社で毎年開催される「マンザイ新人コンクール」の受賞経験者に、ダウンタウンやナインティナインら大物が名を連ねていることを聞いた秋月は「そんな御利益のある神社なんですね!」と感嘆。「私たちもスターの階段を上っていけるように頑張りたい」と力を込めた。

 また、今月限りでグループから卒業する新家は「濃厚な1年でした」と寂しい気持ちを吐露。一方で同神社が毎年募集している福むすめについて「機会があるならぜひ、オーディションにチャレンジしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース