小池徹平 ホラーの現場での癒やしはわが子の動画、先月誕生「ずっと見てます」

[ 2019年10月2日 14:21 ]

東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ「リカ」制作発表に出席した小池徹平
Photo By スポニチ

 俳優の小池徹平(33)は2日、都内のホテルで行われた東海テレビ・フジテレビ系のオトナの土ドラ「リカ」(5日スタート、後11・40)制作発表に主演の高岡早紀(46)らと出席した。

 小池は高岡演じる“自称28歳”雨宮リカに追い詰められていく外科医・大矢昌史を演じている。小池は「雨宮リカ・28歳にどんどんストーカーされ、追い詰められていく役を演じております」と苦笑しつつ、「いいホラーに仕上がっている」をアピールした。

 ホラー作品ということで、現場での癒やしについてのトークに。共演の大谷亮平(39)が「姪(めい)っ子の動画を送られてくるので、見ちゃいますね。リカの台本を見ると特に…かわいくてかわいくてたまらない」と満面の笑み。

 小池は9月6日、女優の永夏子(36)の間に第1子となる男児が誕生したばかり。大谷や高岡から「お生まれになって…」と話を振られた小池も照れ笑いを浮かべながら、「僕もずっと現場で動画とか見てます」を目を細めた。

 高岡も「私も見せていただいた。かわいいの!」と絶賛。「この作品は何か癒やされないとやってけないの」と話すと、2人とも大きくうなずいた。

 五十嵐貴久氏のベストセラー同名小説が原作で、純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう“自称28歳”の主人公・雨宮リカが周囲を破滅に追い込んでいく姿を2部構成で描く。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース