加藤浩次 “騒動”の全日本テコンドー協会会長に「もうトップとして終わってる」

[ 2019年10月2日 11:21 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が2日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。強化方針などを巡って内紛が起きている全日本テコンドー協会について言及した。

 金原昇会長をはじめとした協会幹部、選手や指導者などが1日に集まって都内で協議会を開催したが、途中退席者も出るなど実質的には物別れに終わった。金原会長は「非常に有意義な議論が行われた」と自信の表情を見せた一方、男子80キロ級の江畑秀範(27=スチールエンジ)は、「信頼関係がないのに、強化プランの話をされても…」と協会側が今後の強化プランの説明を始めたところで途中退席した。

 加藤は「会長側が“有意義な議論”と言っている。選手たちは“もうこれ以上話してもしようがない”と言っている。とんでもない開き、差がある」と指摘。「江畑さんなんて27歳でよく声上げましたよ、1年前で自分が五輪に出られないかもしれない、その可能性も出てくるじゃないですか。協会に嫌われたら自分出られなくなるんじゃないか、なんかいろんな理由をつけられて僕は五輪に出られなくなるんじゃないか、そういう不安もあるのに、こういうふうに訴えている」と言い、「江畑さんは公平に五輪に出場できる選手を選んでほしいだけだと思う。それなのに“有意義な議論が行われた”って。もうだめだって、もうトップとして終わってるって。そんな発言するの、今ね、時代違うよ」と熱く語った。そして、「五輪にどうやって参加できるのか、強化に入らなくていいのか、さらに強化をどういう形にするのか、具体案をテコンドー協会にしっかり発表してほしいなと思います。そして選手が納得できる形にしてもらいたいなと僕は思います」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース