千原せいじ、命名権50万円を自腹購入 サイの子共につけた名前は…

[ 2019年10月2日 11:13 ]

千原せいじ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(45)が1日深夜放送の読売テレビ「にけつッ!!」(火曜深夜0・54)に出演。兄・千原せいじ(49)がアフリカへロケに訪れた際のエピソードを明かした。

 ある番組でアフリカでロケを行っていると、「生まれたてのサイ」に出会ったせいじは、「このサイには命名権があって、命名権に50万円がいる」と説明を受けた。スタッフらは「高すぎるわ」「誰が払うねん」とスルーすることを想定していたそうだが、せいじは「吉本も世間の皆様に迷惑かけたし、俺自身も文春とかいろいろあったから」と、自腹で50万円を出し「SEIJI」と名付けたという。

 予想外の展開に、ジュニアは「関係ないやん!どういう筋書きやねん!」とツッコミを入れ「今アフリカのどこかでSEIJIがすくすく成長しているらしい」。さらに「アフリカのどこかの国ではSEIJIって“魔法使い”って意味があるらしい」とも補足し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース