爆問・太田、「Aマッソ」の差別的ネタに苦言も「あんまり追い詰めないで」

[ 2019年10月2日 14:09 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の爆笑(54)が1日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。お笑いコンビ「Aマッソ」が、女子テニスの大坂なおみ(21)をネタにした差別的発言をしたことについて言及した。

 Aマッソは9月22日に行われたライブで、大坂に必要なものを「漂白剤。あの人、日焼けしすぎやろ」と発言。配慮を欠いた発言に所属事務所のワタナベエンターテインメントは24日、大坂の所属事務所に謝罪したと明らかにした。

 太田は「漂白剤とか言っちゃだめだよ」と苦言。一方で「もう随分絞られたらしいよ。本当に反省して落ち込んでるっていうからさ」と、Aマッソが猛省していることを明かしつつ「あんまり思い詰めなくていいよって俺は思う」と持論。続けて「密閉した空間、ましてや経験もあまりない時に、うんとひどいことを言うっていうのは、魔が差すというか、人間として最低なことを言う。自分の異常性を表現しちゃうことって、芸人はよくやっていた」と、同じ芸人の立場から意見し「本人も反省してるし、あんまり追い詰めないで欲しい」と再び訴えた。

 その後も「彼女に差別意識はないから、分かってあげて欲しい。それを大騒ぎして本人まで届かせちゃうって、そういう人たちがいるわけじゃない。あんまりそんなことしなくてもいいんじゃないかと思う」と炎上の風潮を嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月2日のニュース