さまぁ~ず三村 こじるり差し置き夢中な女性とは?「ほんとにスターになってほしい」

[ 2019年8月17日 19:50 ]

お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(52)が10日、自身がパーソナリティーを務める「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(土曜後5・00)に出演。今、夢中の女性を明かした。

 “背中が全部見えるタンクトップ”というセクシー過ぎる衣装で番組に臨んだ小島瑠璃子(25)。ヌーブラ着用という、男性の気分を高揚させるシチュエーションに「視線とか気になんない?」「まぁまぁ男、照れちゃうよ」と、三村ならではの言葉で小島を褒めたたえた。

 小島はそんな衣装を健康的に着こなすためにも「焼いていきますよ、今年も」と“日焼け宣言”。ただ、ミッツ・マングローブ(44)には「25歳からはやめろ」と止められていると明かし、ミッツは「三村さん的に私のことを見てくれている数少ない人かもしれないです。芸能界の中で」と、三村とミッツは小島にとって親のような存在であることを告白した。

 しかし、それを聞いた三村からは「オレ、こじるりのことそんなに真剣に考えたことないもん」と、驚きの言葉が。小島は失笑しつつ「なんてこった…」とこぼしていた。

 小島は返す刀で「誰のことなら考えたことあるんですか?」と尋ねると、三村は「いい風には育って欲しいなと、今『モヤさま』の新人の子には思ってる。22歳の…」との答え。小島は「ええ~!?」と、驚きを隠せずにいた。

 「『モヤさま』の新人の子」というのは、8月4日に「モヤモヤさまぁ~ず2」の4代目アシスタントに就任した、テレビ東京・田中瞳アナウンサー(22)のこと。同番組では新人らしからぬ物おじしないセンスあるツッコミで、バラエティ適性が高いところを見せつけていた。

 三村は「あの子(田中瞳アナ)には本当にスターになってほしいな、親心で」と心酔している様子。芸歴31年のベテラン芸人に「熱中している物件」と言わしるスターの卵…。信頼を寄せている三村にソッポを向かれた形となった小島は「せつない…」と嘆いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月17日のニュース