ピアニスト 清塚信也 初単独武道館に観客7000人「気持ちいい」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

日本武道館で単独コンサートを開いた清塚信也(c)Ryota Mori
Photo By 提供写真

 ピアニストの清塚信也(36)が16日、日本人男性クラシックピアニストとして初めて東京・日本武道館で単独公演を行った。

 7月に発売したミニアルバム「SEEDING」で結成したバンドや、ピアノ12台で演奏するピアノオーケストラなどさまざまな編成で楽しませた。クラシックの名曲はもちろん、TBSドラマ「コウノドリ」に提供したオリジナル曲などを次々と披露。観客7000人を前に「武道館で弾くって気持ちいい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月17日のニュース