キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得

[ 2019年8月17日 05:30 ]

歌手の浜崎あゆみ
Photo By スポニチ

 歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。

 同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

 幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。

 反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。

 注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。

 同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。その突然の告白にファンの間で「Mは“勝人のM”だったのか」「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている。

 ≪生歌唱中号泣≫小説では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日「ミュージックステーションスーパーライブ」の様子が描かれている。その日、浜崎は生放送の歌唱中に涙をこらえられず号泣。当時は涙の理由が謎だったため、ファンの間でこの時の映像が再び注目され話題となっている。

 ▽「M 愛すべき人がいて」の内容 1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。松浦氏ら実在する人物や渋谷109などの具体的な場所が実名のまま登場する。浜崎の代表曲「M」「Boys&Girls」などが松浦氏との交際の中で生まれたことなども明かされている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月17日のニュース