川崎希 夫・アレクと交際するまで2年間“順番待ち”

[ 2019年8月17日 11:17 ]

川崎希&アレクサンダー夫妻
Photo By スポニチ

 元AKB48で実業家の川崎希(31)と夫でモデルのアレクサンダー(36)が、14日深夜に放送された関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演。川崎がアレクとの交際が始まるまでのエピソードを明かした。

 2013年に結婚した2人だが、交際に至るまでには時間がかかったという。川崎は「元々は、私が2番手とか3番手とかだったんですよ。元々彼女がいて、(付き合う)順番待ちしてて、順番が回ってきたから付き合った」と話した。当初アレクは「彼女いない」と言っていたが、そのうちに「別れそうな彼女がいる」と言い出したとのこと。「(彼女と別れるのを)待ってたら“順番抜かし”とかいるんですよ。だから付き合うまで2年くらい(かかった)」と明かした。そんなに待てるアレクの魅力を問われると「気になっちゃうっていうか、なんかほっとけない」と語った。

 アレクは、超一流の“ヒモ”になる秘訣は「根性のある女の子と付き合うこと」とコメント。さらに、可愛い自分を演出し「可愛いペットになった方がいい」と話した。川崎も「そうペットみたいな感じ。アレクを飼ってるみたいな感覚で」と同調。「悪いことしても、ペットって捨てないじゃないですか。それと一緒で、アレクが悪いことしても、なんか捨てられない」と、笑顔で話した。

 川崎は、アレクが浮気しないために小遣いを月1000円しか渡していなかったというが、プレゼントは、ねだられるまま贈っていたという。特にアレクは金のアクセサリーが好きで、純金系で重ければ重いほど欲しがると言い、何度もプレゼントしていたという。ところが「家に今、金が全然ないんですよ。換金してるんじゃないかと思って…。何回か聞いても『どっかにあると思う』って(はぐらかされる)」と疑惑の目を向けた。これにアレクは一言「売れるんすよ」とあっけらかん。そして「お金くれないから『金買って』って言って、お金が欲しい時に売りに行って」と自白した。川崎は「絶対やってると思った。プレゼントした物を売るってないと思う」と苦笑を浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月17日のニュース