TBS「音楽の日」第2部で平均11・8%、瞬間最高は14・3%

[ 2019年7月16日 09:36 ]

13日に生放送されたTBS音楽特番「音楽の日2019」
Photo By 提供写真

 13日午後から約13時間にわたり生放送されたTBSの大型音楽番組「音楽の日2019 第2部」(後7・00~同9・53)の平均視聴率が11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後9時20分の14・3%で、MAXがヒット曲「GET MY LOVE! 」を熱唱するシーンだった。

 番組は午後2時から「新・情報7daysニュースキャスター」を挟み翌14日午前5時まで生放送。ほかの時間帯は、第1部(後2・00~同6・59)は7・8%、第3部(後11・45~深夜0・44)は7・7%、第4部(深夜0・45~同4・59)は3・2%だった。

 昨年の視聴率は11・6%、一昨年は11・2%だった。 

 2011年に発生した東日本大震災を受け、音楽・歌の力で日本に元気を届けるべくスタートした「音楽の日」。総合司会は中居正広(46)と安住紳一郎アナ(45)が務めた。9回目となる今年は「汗」をテーマに豪華アーティスト105組が集結。夢のために、誰かのために、みんなのために、日本各地で汗をかいて頑張る人々を歌で応援した。

 ジャニーズ事務所所属アーティストも多数参加。天国へ旅立ったジャニー喜多川社長(享年87)から教えられた、ジャニーズのエンターテインメントを届けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月16日のニュース